にきびは実は乾燥が原因だった!

10代の思春期時代に、ニキビに悩んでいましたか?

 

私の中学、高校時代は脂取り紙にフィルムタイプができたことで学内が空前の脂取りフィルムブームでした。

昼食の後になると8割の女子が油分を吸い取りメイクを直していましたので放課後の掃除の時に、
ごみ箱を見ると油分を吸い取った脂取りフィルムが大量に捨てられていました。今となってはあの油分が恋しいです。

 

仲が良かった友人達は2週間で1箱ペースと、
かなりこまめに油分を取っていましたが、彼女たちの肌は本当にニキビだらけでした。
それもそのはず、実は彼女たちはオイリー肌ではなく、乾燥肌だったのです。

 

肌が乾燥していることで肌の表面の皮膚のターンオーバーが遅れてしまい

何層にもなっている肌は毛穴も通常よりも詰まりやすくなります。
そのためわずかな皮脂でもあれば、あっという間に毛穴は詰まってしまいます。

 

これが乾燥肌のニキビのカラクリです。

 

友人たちは皮膚の内側が乾燥をしていることで皮脂が大量に分泌していたことを
自分はオイリー肌だと勘違いをして日頃のケアをニキビ用の者やオイリー肌用のものを使用していたのです。

 

恐ろしいですね。

 

例えるなら、砂漠(肌)のオアシス(水分)にオムツ(吸水素材)を投げ込んで、
そのあとオムツをごみ箱に捨てているようなものです。

 

現在は間違ったケアをしていた友人は正しいケアを知ったあたりから、あっという間に治りましたが、スキンケアの無知はこわいと未だに話しています。

 

ニキビに悩んでいる方、一度何が原因か調べてみてはいかがでしょうか。
もしかしたら乾燥からくるニキビかもしれませんよ。

 

>>トップページに戻る